自宅パン教室のシニア起業事例で雑誌クロワッサン掲載

女性起業家たまご塾第13期修了生の柴田久美子さんから嬉しいご報告をいただきました!

なんと、あの人気の雑誌『クロワッサン』に紹介されたそうなんです!

小田急線南林間駅から徒歩の自宅を改装して国産小麦の本格教室『ぶれまい』を開催されています。

私も早速、書店で購入して読ませていただきましたが

記事によると

忙しすぎる生活に終止符を打って、月に10日はパン教室、10日はパンの勉強、10日は家族との時間。

それで月20万円を実現して理想的なライフスタイルを実現されているそうです!

紹介された取材について書かれた柴田さんのサイトの記事はこちら

女性起業家UPルームの女性起業家たまご塾の修了生のご紹介で見つけて、と取材依頼か入ったとのことです。
お役に立ったようでよかったです。
柴田さんをご紹介しているページはこちら。

柴田さんと、最初にお会いしたのは、UPルームのホームページ相談。

Jimdoでご自身で作られたサイトの改善点についてのご相談でした。

そのあと、たまご塾の第13期 前期「ビジネスプラン構築」コースから入られて後期の私の「ホームページ設計コース」で、Word Pressのサイトに移行。

大手の会社を早期退職されての起業だったので、
お給料だけ考えると、当時は、「えー本当にいいの?」みたいなことをお話ししたかも知れませんが、

取材で書かれた記事を拝見しますと、改めて、多忙過ぎる会社生活に終止符を打って、大好きなパンの有名な先生のところにも通いながらパン作りの技術を極め続けつつ、教室は10日だけ、と、ベストなライフスタイル、実現されたのだなぁと思いました。

「ゆる起業」とはいえ、たまご塾の課題に取り組まれる姿勢も、ホームページに取り組まれる姿勢もとても熱心でいらっしゃいました。

パン作りの技術を学ぶために著名な先生のところに通うなどパン作りの技術を高める姿勢も、すばらしく蓄積されて頑張ってらっしゃったので、こんな形で紹介されて良かったです。

柴田さんのパン技術の履歴は彼女のプロフィールページに書かれています。

柴田さんは、定年前からの起業ですが、「60歳からの仕事術」という特集でご紹介されています。

私達にしたら年齢関係なく始められるから起業なんだけれどなぁ、と思うので
女性起業家たまご塾には50代、60代も、一方で20代も、15年前から混じってらっしゃいます。

ご相談の中には、「定年後の働き方を今から考えたい」という方もよく来られています。

時折、「もう私50歳で年なのですけれど起業できますか?」なんていうご質問をいただきますが、「まったく問題ないです!むしろ、年齢を経ているからできる起業もいっぱいありますよ。」

と自信を持ってお答えしています。


たまご塾生の方で、シニア起業の取材で大手雑誌に取り上げられたの、東洋経済に載られた「みんなのお箸プロジェクト」の平沼 芳彩さん、女性自身に掲載された、墓石絵『桂』の太田桂さんについで、これで3例目となりました。

人生100年時代の一つの働き方のモデルとなって、これからもご活躍を応援しています。

柴田さんからのコメント

たまご塾の講習クオリティは、ほんとうに素晴らしいと思います。
横浜市民ではありませんが、おこぼれにあずかれたこととても感謝しております。
たまご塾に参加することで、パン教室のコンセプトを 客観的な視点から見返すことができたのは大きかったです。
最初は「だれでも簡単でたのしく」的なことを考えていましたが、たまご塾に参加する中で自分の強みを「本格的なパンをつくる」ことだと認識できたから、今のパン教室があると思っています。
また、ついつい人任せにしてしまいがちなHPを 自分で作り自分でメンテできるスキルを得られたことで、考えていることが速やかに発信出来るのも強力な強みです。

(女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝 ゆき子)吉枝にがお絵

関連記事

起業相談予約
女性起業UPルームメールマガジン登録
女性起業家成功事例一覧

トピックス

  1. 必要なのは「集客」と「収益」のピラミッド【起業成功のコツ-第143号】

  2. 【ZOOM相談OK】【9月/10月】女性起業UPルームの予定および起業相談対応日

  3. PTA業務のアウトソーシングの必要性を問いかける『PTA’S(ピータス)』女性起業事例

  4. 【満席・選考中】女性起業家たまご塾後期「集客のためのホームページ設計コース」第15期

  5. シフォンケーキ専門店の成功事例『フレモ』

女性起業UPルームご紹介動画

女性起業家たまご塾紹介

横浜市男女共同参画推進課

公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会

よこはま女シゴト
マイクロソフト