「強いビジネスになるためには『基本の5つの条件』がある」【起業成功のコツ-第152号】

女性起業UPルーム メールマガジンの配信登録はこちらから

≫ メルマガ配信登録へ


女性起業UPルーム (公財)横浜市男女共同参画推進協会

~「すべての女性の可能性にチャンスを!」起業応援メールマガジン~

第152号 2022年5月5日


[1] -起業コラム-
   「強いビジネスになるためには『基本の5つの条件』がある」
[2] 募集開始!女性起業家たまご塾第16期前期「ビジネスプラン完成コース」
[3] 5月の起業準備相談/ホームページ・ブログ相談

募集開始!
女性起業家たまご塾第16期前期「ビジネスプラン完成コース」
→ https://uproom.info/2022tamagozenki



[1] -起業コラム-
   「成功できるビジネスには『基本の5つの条件』がある」


みなさん こんにちは!女性起業UPルーム ナビゲーターの吉枝です。

開設以来、起業相談や集客相談に対応してきて、先月で累計4500件以上になりました。

「こんなアイデアを漠然と考えているのですが、客観的に見て成功する
可能性はありますか?」

そんなご相談を分野問わず、色々いただいてきているのですが。

実は成功するビジネスのモデルには、いくつかの『基本のカタチ』があります。

例えば、自分の資格を生かして小さなことからビジネスを始めたい場合、
大手のような「薄利多売」ではなく、いかに利益率を高めていくかが
大事です。

そんなことから
私が重視している評価軸の一つとして
マイケル・E・ポーター教授が提唱している
「5フォース」分析があります。

ポーター教授(注1)は
市場における「競争要因」には5つの要因があり、
それらが業界の収益性を決めることになる
と提唱しています。

その5つの要因は、以下の通りです。

(1)新規参入者の脅威
(2)売り手(サプライヤー)の交渉力
(3)買い手(顧客)の交渉力
(4)代替品や代替サービスの脅威
(5)既存企業同士の競争(競争業者)

資格に頼ってビジネスを始めた際、まずぶつかりがちな壁に

(1)新規参入者の脅威
(5)既存企業同士の競争(競争業者)

の2つが挙げられます。

その背景として、

「○○検定協会がどんどん資格試験を開いて、同じスキルを持つ人を大量生産している」
⇒ 新規参入者が今後増えていく構図がある

「その検定協会が、古くからその講座をやっている」
⇒同業他社も既に存在し、それらとの競争が生じる

などが想定されるでしょう。

「でも、この資格はまだ取ってる人が少ないから、ビジネスに伸びる余地があるかも?」
もちろん、その可能性はありますね。

ならば、次に検証しないといけないのは
(4)代替品や代替サービスの脅威です。

例えば、新しい「腰痛解消のメソッド」であっても
既に『腰痛』という悩みを解消する整体やマッサージ器が売られていたりします。

それらが全てお客さんの選択肢になるので、あふれる代替サービスの中で
見つけてもらい、比較してもらったうえで、選ばれる必要があるということです。

ご自身では「他にない!」と思っていても
お客さんから見たら 「色んな選択肢」に埋もれてしまい、知ってもらうのさえ
難しい場合もあるんですね。

それを踏まえて、大切になってくるのが

(2)売り手(サプライヤー)の交渉力
(3)買い手(顧客)の交渉力

です。

できればお客さんから「あなたから買いたい!」「ぜひ売ってください!」
と言ってもらえるくらいに評価していただけるのが理想です。

さもなくば、価格の安さで別の競合に流れてしまったり、
納期や販売条件で、お客さんの都合に合わせていかないと
売れにくい状況になります。

5つの条件をクリアできるビジネスプランを考えるのは、一見してなかなか大変そうです。

どうしても、同じようなビジネスをやっている競合が多い時には
新しいトレンドに目を向けましょう。

トレンドに先駆けた新アイデアで、これまでになかった
商品やサービスを作り出すことで可能性が開けると思います。

コロナ禍に、何人かから 「パーソナルカラー診断」や「イメージコンサルタント」
の起業のアイデアのご相談を受けました。

しかしコロナ禍によって、以前のようなやり方の服のイメージコンサルティングの
需要は減りつつあるのではないでしょうか。

でも、そんなコロナ禍の中でも
見栄えが気になる『部分』や、
見栄えが気になる『場面』や、
印象を気にする『人たち』というのがいたりします。

例えばデザイン性の高いファッションマスクが流行ったり、
マスクで隠れて印象が重たくなってしまう分、涼しげなまとめ髪や
顔周りの派手なヘアカラー、胸元をすっきりさせたコーデが主流になったり。

そのような現象を見つけていくと、プランはぐっと具体化しますね。
このように、トレンドの変化には敏感になっておくことがおすすめです!

女性起業家たまご塾 第16期前期「ビジネスプラン完成コース」の申し込みが
締切間近になりました!
☆女性のための起業準備相談・ホームページ/ブログ相談やってます。

詳しくはこちら

→ https://uproom.info/yoyaku_form

(注1)Michael. E. Porter アメリカの経済学者


[2] 『女性起業家たまご塾第16期前期ビジネスプラン完成コース』募集開始


2022年度の女性起業家たまご塾 第16期前期「ビジネスプラン完成コース」
の募集を開始いたしました。

今年度は、

・6月、7月に前期「ビジネスプラン完成コース」(全5回)
・10月、11月で後期「集客できるホームページ設計コース」(全5回) 

で開催予定です。

「ビジネスプランの構築」からビジネススタートに欠かせない「集客」まで
トータルで取り組める公的な女性起業塾は他所でなかなかありません。

一緒に取り組む起業仲間に出会えるのも連続講座の魅力。

ぜひご参加お待ちしています。

応募方法など具体的な内容の内容についてサイトからご確認ください。

参加に向けてビジネスプランの内容に関する選考があります。

プランに迷ってる、という方は、まずは起業相談からご利用ください。

【開講日程】2022年6月4日、18日、7月2日、16日、7月30日
      (全て土曜日 10:00-16:00 ※7/30のみ17:00まで)
【会場】フォーラム(男女共同参画センター横浜)セミナールーム2・3
【対象・定員】女性起業家または起業家をめざす女性 16人
【受付】4月15日(金)~5月8日(日)17:00まで(選考あり)
    応募書類は4月1日からダウンロード可能です。
【参加費】横浜市内 30,000円(テキスト代込)
     横浜市外 35,000円(テキスト代込)
☆詳しくはこちら
→ https://uproom.info/2022tamagozenki


[3] 起業準備相談・ホームページ&ブログ相談 4月/5月のご予約受付中!


将来に向けて、起業を考えたいという方が増えています。

アイデアはあるけどどうやってビジネスにしたらよいだろう?
最初はいくらくらいの資金から始めたらよいだろう
事業を引き継ぐことになったけれどどうしたら?
・・・
など、ひとつひとつの疑問にナビゲーターが丁寧にお答えします。

女性起業家たまご塾の申し込み前に、ご自身のプランを個別に相談したい、という
方のご相談も承っております。

Zoomでのオンライン相談にも対応中です。

【5月のスケジュール】

5月 6日(金)吉枝ナビゲーター10:00/13:00/14:15/15:30
5月 7日(土)吉枝ナビゲーター10:00/13:00/14:15/15:30
5月11日(水)吉枝ナビゲーター10:00/13:00/14:15/15:30
5月12日(木)増田ナビゲーター10:00/13:00/15:00
5月19日(木)吉枝ナビゲーター13:00/14:15/15:30
5月21日(土)増田ナビゲーター10:00/13:00/15:00
5月27日(金)吉枝ナビゲーター10:00/13:00/14:15/15:30

★:起業準備相談/販売強化/資金計画相談
☆:起業準備相談/ホームページ・ブログ相談

【ご予約は下記フォームより】
→ https://www.uproom.info/yoyaku/yoyaku_form.html

販路開拓や資金計画などは増田が、ネット集客のことなら吉枝が、

一般的な起業アイデアのご相談ならどちらも対応できます。

パワーアップした女性起業UPルームの相談、ご利用お待ちしています!

■『起業準備相談』
≪予約制 1回 横浜市内1,100円 横浜市外1,500円。1時間≫

「自分の考えを整理する機会になりました。」
「専門家の目線で商材についてのニーズや収益性、他の展開方法など聞けて
 よかったです。」
「お金の面についても、運営の仕方、個々の強味を理解して、
起業初心者にわかりやすいアドバイスでした。」

起業準備相談をご利用の方からは このようなお声をいただいています。

<ご相談内容の例>

・こんなアイデアを持っているけれど、何から始めたらいい?
・こんなふうに始めてみたけれど、今一歩広げるためにどうしたらいい?

■『ホームページ&ブログ相談』

≪予約制 1回 横浜市内2,100円 横浜市外2,500円。1時間≫

すでに起業してホームページやブログをお持ちの方向けに、
「ホームページ&ブログ相談」を行っています。

ご利用いただいた方からは、

「オンラインコンテンツの展開やHPの修正点など具体的にやるべきことが
 わかったので行動できそうです。」

「具体的なHP改善方法や仕事のアドバイスをありがとうございました。」

「客観的にお客様の目でみて、きちんと伝わるページになっているのか
 不安でしたが、色々気づかなかった改善点など発見ができました。」

との声も。

<ご相談内容の例>
・ホームページを作ってみたが、なかなか売上アップにつながらない…
・アクセス数を上げるためにどんな改良や対策がとれるか?
・集客につながるSNSの活用方法は?

詳しくはこちら

→ https://www.uproom.info/about/up_43.html

☆いずれもひとり親家庭等経済的に困難な横浜市在住・在勤・在学の方には
相談料の免除制度あり(必要条件・手続きあり)

【ご予約は下記フォームより】
→ https://www.uproom.info/yoyaku/yoyaku_form.html


[編集後記]

最近、副業がはやっていますが、
うまいセールス内容に乗って副業として個別指導塾のフランチャイズ契約をした会社員の方が
2,000万円近く費用を払って、撤退して終わった、という事例を紹介した
日経新聞の記事をみました。

30名の生徒募集を確約という事前の口約束があったものの、契約書にはそれは
書かれておらず、不動産の賃貸契約をして始めたものの集客できず、
フランチャイズ料も回収できず・・・・

副業のはやりによって、
悪徳とも思われる提案をしてくるビジネスは山ほどありますが、

消費者と違って、
事業者間の取引に関しては、クーリング・オフは適用されません。

くれぐれも契約は慎重に。

そもそも、副業で個別指導塾が運営できるというのは考えが甘いのではないかと

かつて塾選びをしてきた私自身は思ったのでした。

(女性起業UPルームナビゲーター 吉枝ゆき子)


女性起業UPルームは、日本マイクロソフト株式会社と横浜市、および
(公財)横浜市男女共同参画推進協会が協働し、2007年6月に開設した
女性の起業支援拠点です。

【発行元】(公財)横浜市男女共同参画推進協会
〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町435-1
男女共同参画センター横浜 内/女性起業UPルーム

HOME


Tel:045-862-5052(管理事業課)
・このメールマガジンの送信元メールアドレスには返信できません。
・ご意見・ご感想はこちらまで:upnavi@women.city.yokohama.jp
・メルマガの配信解除はこちら:https://uproom.info/mail-about
・このメールマガジンの転送はOKですが、掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C)2007 All rights reserved.


関連記事

起業相談予約
女性起業UPルームメールマガジン登録
女性起業家成功事例一覧

トピックス

  1. 【定員を超えてのお申し込み頂きました】6月開講女性起業家たまご塾前期「ビジネスプラン完成コース」第16期

  2. 「強いビジネスになるためには『基本の5つの条件』がある」【起業成功のコツ-第152号】

  3. 【ZOOM相談OK】【5月】女性起業相談&セミナースケジュール

  4. 「売れているショップには「売れている理由」がある」【起業成功のコツ-第151号】

  5. 自分は何のプロになる?【起業成功のコツ-第150号】

女性起業UPルームご紹介動画

女性起業家たまご塾紹介

横浜市男女共同参画推進課

公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会

よこはま女シゴト
マイクロソフト