「真似されにくいビジネスであること」【起業成功のコツ-第153号】

女性起業UPルーム メールマガジンの配信登録はこちらから

≫ メルマガ配信登録へ


女性起業UPルーム (公財)横浜市男女共同参画推進協会

~「すべての女性の可能性にチャンスを!」起業応援メールマガジン~

第153号 2022年6月9日


[1] -起業コラム-
   「真似されにくいビジネスであること」
[2] 『横浜女性起業家 COLLECTION 2022』 出店者募集
[3] 6月の起業準備相談/ホームページ・ブログ相談

   『横浜女性起業家 COLLECTION 2022』 出店者募集
→ https://uproom.info/seminar-now/post_592.html



[1] -起業コラム-
   「真似されにくいビジネスであること」


みなさん こんにちは!女性起業UPルーム ナビゲーターの吉枝です。

先日まで募集していた今年度の女性起業家たまご塾第16期前期コースの募集、
おかげさまで定員を超えてのお申込みをいただきました。

開講後、皆さんのご紹介用のデータが揃いましたら順次
ご紹介させていただきます。

今回、選考の関係で残念な結果になってしまった方も

ビジネスの可能性を否定するものでは決してないので、
起業準備相談も利用しながら事業計画をブラッシュアップさせて
諦めずにチャレンジくださいね。

私自身も
起業を考え始めた当初、地元で小さなビジネスプランコンテストの募集を見かけ

もともと、アイデアを考えるのが大好きだったため

「こんなサービスがあれば、めちゃくちゃいい!皆の役に立っていいんじゃない?」

と、サクサクとプランを書いて応募したことがあります。

家族の転勤の関係で、引越しが続いていたこともあり、
そういう転勤で引越してきた子育て世代の方に役立つ
地域情報をまとめたサイトを立ち上げる

というプランでした。

今でこそ、似たような情報サイトはいくらでもありますが、

20年前の当時はインターネットの黎明期でした。
ネットショップを立ち上げれば、手作りサイトでも売れるくらいで

引越し前から、転居先の保育園情報や、小児科、子供のスポーツや習い事情報など
情報を得るのに苦労していたので
ニーズは感じていましたし、

簡単なサイトなら作れるくらいの知識を持っており、
「できそうだな」という気持ちはあったので

プレゼンテーションでも、

「どれだけ、こういうサービスを欲しがっている人がいるか」

ということをそれなりの説得力を持って、プレゼンできたような
気がしていました。

でも、
結果としてコンテストで見事1位に選ばれたのは、

特に私から見て、斬新なアイデアでもないなぁ、と思えた
確か、小さな洋裁教室か何かのアイデアのプランでした。

その結果を得て、初めて気づいたのは、

「ビジネスプランコンテストは、『アイデアコンテスト』ではない」

ということ。

当時の私は起業に憧れるだけで

売れそうな、可能性のあるビジネスアイデアだったら

誰かが「それいいね!」と 背中を押してくれて

何となく形になっていくかも知れない。

そんな風に考えていました。

でも
起業は、誰かの後押しでやっていくものではないし、

リスクを負ってやるのは自分。

スタートしても、どんなビジネスでも山あり谷ありを乗り越えて、

「やり切る気持ち」がないと形にならないので

まず、

自分の中に「そのビジネスをやらなくてはいけない理由」が必要

です。

もし仮に、そのビジネスアイデアがとても斬新で、
先駆的な内容で、かつ儲かりそうなのだったとしても

今時は、アッという間に、もっと資金があって、パワーがある企業が
真似っこして、追い抜いて、追い越してしまう

そういう世界です。

特に小規模で、マンパワーもなく、
まして経験値が浅い分野であればなおのこと、

それに対抗することは難しいでしょう。

ビジネスプランコンテストで一位を取った小さな洋裁教室の方は、

それまで、コツコツ積み重ねてきた経験値とスキルをお持ちで

ビジネスへの想いも強く、
お客さんのニーズを理解されており、

それを踏まえて、
時代の流れに則したビジネスアイデアだったからこそ

審査員の方も認めて一位になられたのだろうと

今なら理解できます。

当時の私は、まるで分かってなかったですね^^;

コンテストの後、

「面白いアイデアだと思うよ。意見交換しましょう。」と

ありがたいことに、声をかけてくれた方もいらっしゃったのに、

そもそも、自分の中にそこまでの思い入れがあったわけではないので
そんな有難いお声掛けも、簡単に受け流してしまいました。

前回のメルマガでも、強いビジネスであるための5つの条件について書きましたが

(バックナンバーはこちら

 → https://uproom.info/backnumber/20220505.html)

(1)の「新規参入者の脅威」があるかどうか、は、

私自身、かなり大事なチェックポイントに考えています。

つまりは、大手を含めた「競合」に、「真似されにくいビジネスになりうるか?」

です。

「真似されにくいビジネスにする」には、

他が手を伸ばしにくい仕入先を見つけてくるとか、
ブランド力をつけるとか、
知的財産として守る方法を模索するとか、

いくつかビジネス的な手法もありますが、

簡単に、競合にも真似できないビジネス。

それはイコール

「自分にしかできないビジネス」。

これが、究極の目指すべきビジネスです。

そういうビジネスは、

その方の、それまでの人生から そのビジネスにたどり着くための
『一本の筋』が通って見えてくることもあるのです。

起業って、人生そのものだなぁ、と思う瞬間です。

だから、長期視点で、皆さんには 起業を目指していただきたいと考えています。

☆女性のための起業準備相談・ホームページ/ブログ相談やってます。

詳しくはこちら

→ https://uproom.info/yoyaku_form


[2] 『横浜女性起業家 COLLECTION 2022』 出店者募集


横浜市内百貨店・大型商業施設に出店のチャンス!
「横浜女性起業家COLLECTION2022」出展者募集-オンライン展示会-(締切6/16)
高島屋、マークイズやそごうなどのブランド力のある
横浜の百貨店・大型商業施設への出店チャンスにつながる展示会
『横浜女性起業家 COLLECTION 2022』(横コレ2022)が開催されます。

オンライン展示会への出展者は、WEB上での販売戦略をはじめ、今後の事業拡大に
役立つ出店ノウハウも学ぶことができます。

オンライン展示会や商品サンプル会を通じて、
横浜市が連携する百貨店・大型商業施設とのマッチングが成立すれば、
10月から開催予定の「輝く女性起業家プロモーションウィークス」で、
各店舗の売場に出店することができます。

締切は6月16日!奮ってご応募ください。

☆詳しくはこちら
→ https://uproom.info/seminar-now/post_592.html


[3] 起業準備相談・ホームページ&ブログ相談 6月のご予約受付中!


将来に向けて、起業を考えたいという方が増えています。

アイデアはあるけどどうやってビジネスにしたらよいだろう?
最初はいくらくらいの資金から始めたらよいだろう
事業を引き継ぐことになったけれどどうしたら?
・・・
など、ひとつひとつの疑問にナビゲーターが丁寧にお答えします。

女性起業家たまご塾の申し込み前に、ご自身のプランを個別に相談したい、という
方のご相談も承っております。

Zoomでのオンライン相談にも対応中。

【6月のスケジュール】

6月15日(水)増田ナビゲーター10:00/13:00/15:00
6月18日(土)吉枝ナビゲーター13:15/14:30
6月22日(水)増田ナビゲーター10:00/13:00/15:00
6月24日(金)増田ナビゲーター10:00/13:00/15:00
6月28日(火)増田ナビゲーター10:00/13:00/15:00
6月29日(水)吉枝ナビゲーター10:00/13:00/14:15/15:30

★:起業準備相談/販売強化/資金計画相談
☆:起業準備相談/ホームページ・ブログ相談

【ご予約は下記フォームより】
→ https://www.uproom.info/yoyaku/yoyaku_form.html

販路開拓や資金計画などは増田が、ネット集客のことなら吉枝が、

一般的な起業アイデアのご相談ならどちらも対応できます。

パワーアップした女性起業UPルームの相談、ご利用お待ちしています!

■『起業準備相談』
≪予約制 1回 横浜市内1,100円 横浜市外1,500円。1時間≫

「自分の考えを整理する機会になりました。」
「専門家の目線で商材についてのニーズや収益性、他の展開方法など聞けて
 よかったです。」
「お金の面についても、運営の仕方、個々の強味を理解して、
起業初心者にわかりやすいアドバイスでした。」

起業準備相談をご利用の方からは このようなお声をいただいています 。

<ご相談内容の例>
・こんなアイデアを持っているけれど、何から始めたらいい?
・こんなふうに始めてみたけれど、今一歩広げるためにどうしたらいい?

■『ホームページ&ブログ相談』

≪予約制 1回 横浜市内2,100円 横浜市外2,500円。1時間≫

すでに起業してホームページやブログをお持ちの方向けに、
「ホームページ&ブログ相談」を行っています。

ご利用いただいた方からは、

「オンラインコンテンツの展開やHPの修正点など具体的にやるべきことが
 わかったので行動できそうです。」

「具体的なHP改善方法や仕事のアドバイスをありがとうございました。」

「客観的にお客様の目でみて、きちんと伝わるページになっているのか
 不安でしたが、色々気づかなかった改善点など発見ができました。」

との声も。

<ご相談内容の例>
・ホームページを作ってみたが、なかなか売上アップにつながらない…
・アクセス数を上げるためにどんな改良や対策がとれるか?
・集客につながるSNSの活用方法は?

詳しくはこちら

→ https://www.uproom.info/about/up_43.html

☆いずれもひとり親家庭等経済的に困難な横浜市在住・在勤・在学の方には
相談料の免除制度あり(必要条件・手続きあり)

【ご予約は下記フォームより】
→ https://www.uproom.info/yoyaku/yoyaku_form.html


[編集後記]

鶴岡八幡宮にある「鳩みくじ」ってご存じですか?

可愛い小さな鳩のチャームがついてくるおみくじなんですが、
なんと『凶』が出る率がとても高いのです。

以前、家族が1つ買ってみたら見事に「凶」。

それで、今回、帰省できなかった親戚分をまとめて5個買って
プレゼントで送ったのですが
なんと!「大凶」「凶」「末吉」「中吉」と辛口の結果が続出。。。

大凶=大強 だそうですから、幸運をつかめそうですね!

ビジネスでは『逆張り』という考え方があります。
あえて他と違う「真逆」を狙い「ギャップ萌え」で人気になる?

そんな戦略があるのかどうかは分かりませんが
散策に行かれる機会があればぜひ運試ししてみてはどうでしょう(笑)。

(女性起業UPルームナビゲーター 吉枝ゆき子)


女性起業UPルームは、日本マイクロソフト株式会社と横浜市、および
(公財)横浜市男女共同参画推進協会が協働し、2007年6月に開設した
女性の起業支援拠点です。

【発行元】(公財)横浜市男女共同参画推進協会
〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町435-1
男女共同参画センター横浜 内/女性起業UPルーム

HOME


Tel:045-862-5052(管理事業課)
・このメールマガジンの送信元メールアドレスには返信できません。
・ご意見・ご感想はこちらまで:upnavi@women.city.yokohama.jp
・メルマガの配信解除はこちら:https://uproom.info/mail-about
・このメールマガジンの転送はOKですが、掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C)2007 All rights reserved.


関連記事

起業相談予約
女性起業UPルームメールマガジン登録
女性起業家成功事例一覧

トピックス

  1. 【ZOOM相談OK】【8・9月】女性起業相談&セミナースケジュール

  2. 【募集開始】9/10開催「ネット集客の基礎知識」セミナー

  3. 【好評のうち終了】8/10 「検索エンジン対策の基礎知識」ミニレクチャー&グループ相談会

  4. 「真似されにくいビジネスであること」【起業成功のコツ-第153号】

  5. <速報>2022年度女性起業家たまご塾第16期後期「ホームページ設計コース」日程

女性起業UPルームご紹介動画

女性起業家たまご塾紹介

横浜市男女共同参画推進課

公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会

よこはま女シゴト
マイクロソフト